(Q)貧血の検査は?
(Q)赤血球で見る貧血の検査

貧血の検査は?

・鉄欠乏性貧血
 →(  )の低下、(  )の上昇、(  )の低下。
・巨赤芽球性貧血
 →(  )の低下。
・溶血性貧血
 →(  )の上昇、(  )の上昇、(  )の低下。

赤血球で見る貧血の検査

・赤血球の大きさ(  )と赤血球内に存在するヘモグロビン量(  )で貧血を分類できる。
・小球性低色素性貧血
 →ヘモグロビン合成が障害される(  )、(  )、(  )。
・大球性正(高)色素性貧血
 →核酸合成や核分裂が異常となる(  )貧血、(  )、(  )に続発する貧血
・正球性正色素性貧血
 →(  )、(  )

↓↓答えは広告の下↓↓



貧血の検査は?

・鉄欠乏性貧血
 →(血清鉄)低下、(UIBC・TIBC)の上昇、(フェリチン)の低下。
・巨赤芽球性貧血
 →(ビタミンB12・葉酸)の低下。
・溶血性貧血
 →(間接ビリルビン)の上昇、(LD)の上昇、(ハプトグロビン)の低下。


赤血球で見る貧血の検査

・赤血球の大きさ(MCV)と赤血球内に存在するヘモグロビン量(MCH)で貧血を分類できる。
・小球性低色素性貧血
 →ヘモグロビン合成が障害される(鉄欠乏性貧血)、(鉄芽球性貧血)、(サラセミア)。
・大球性正(高)色素性貧血
 →核酸合成や核分裂が異常となる(巨赤芽球性)貧血、(骨髄異形成症候群)、(慢性肝疾患)に続発する貧血
・正球性正色素性貧血
 →(溶血性貧血)、(急性出血)

臨床検査技師国家試験問題注解 2022年版 [ 臨床検査技師国家試験問題注解編集委員会 ]

価格:9,240円
(2021/7/12 18:36時点)
感想(0件)