今回は臨床検査技師が行う生理検査についてまとめてみました。

臨床検査技師ってよくレントゲン技師と間違われるんですよね…合コンで説明に苦労した人はいるのではないですか?(汗)

臨床検査技師の説明をしてもたいして盛り上がらんし、微妙な空気を体感したのは僕だけではないはず!

臨床検査技師のドラマとか月9で扱ってくれないかなぁ…ネタがないのでしょうか?


~覚えよう!16の生理検査の業務~

①心電図検査(体表面誘導のみ)※運動負荷試験では医師の監督が必要
②心音図検査
③脳波検査(頭皮誘導のみ)
④筋電図検査(針電極の穿刺を除く)
⑤基礎代謝検査
⑥呼吸機能検査(コンプライアンス測定、肺粘性抵抗測定を除く)
⑦脈波検査
⑧熱画像検査
⑨眼振電図検査(冷水、温水、電気または圧迫による刺激は除く)
⑩重心動揺計検査
⑪超音波検査(レ)
⑫磁気共鳴画像検査(レ)
⑬眼底写真検査(無散瞳のみ)(レ)
⑭毛細血管抵抗検査
⑮経皮的血液ガス分圧検査
⑯聴力検査

レントゲン技師でもできるのは?
⑪超音波検査、⑫磁気共鳴画像検査、⑬眼底写真検査
→主に画像を撮影する系の検査と覚えてればいいです。

検査手技が限定されているのは?
①心電図検査、③脳波検査、④筋電図検査、⑥呼吸機能検査、⑨眼心電図検査、⑬眼底写真検査
→上のカッコ内を参照してください!!

医師の付き添い(指導)が必要な検査
 運動負荷試験
→途中で倒れたらヤバいから


診療放射線技師もできる3つの検査は?





手技が限定されている検査は?








医師の監督が必要な検査は?




↓↓答えは広告の下↓↓


診療放射線技師もできる3つの検査は?

・超音波検査
・MRI
・眼底写真検査(無散瞳孔)

手技が限定されている検査は?

・心電図
・脳波
・筋電図
・呼吸機能検査

医師の監督が必要な検査は?

・運動負荷試験

臨床検査技師国家試験問題注解 2022年版 [ 臨床検査技師国家試験問題注解編集委員会 ]

価格:9,240円
(2021/7/12 18:36時点)
感想(0件)