・生体検査の安全確保とは? 
・一点接地(アース)の役割とは? 
・感電事故防止策4つ
・マクロショックとミクロショックの比較 
・感電の程度と生体反応について

生体検査の安全確保とは?

( )や( )を防ぐこと。
(A)生体検査の安全確保とは?


一点接地(アース)の役割とは?



③アース線(接地線)抵抗:( )Ω以下
④接地抵抗(接地極抵抗):( )Ω以下
(A)一点接地(アース)の役割とは?

感電事故防止策4つ

①( )システム
②(  )
③人体に加わる電圧は( )に人体と電源の施縁抵抗は( )にする。
④(  )の使用。
⑤(  )強化。
(A)感電事故防止策4つ

マクロショックとミクロショックの比較

・電流の流れ マ(  ) ミ(  )
・心室細動 マ(  )A ミ(  )A
・安全限界電流許容量 
  マ(  )A以下
  ミ(  )A
・対策 マ(  ) ミ(  )
・備考 マ(  )や(  )は閾値が低く危険
    ミ(  )の記録、(  )検査
(A)マクロショックとミクロショックの比較

感電の程度と生体反応について

・6A以上→(  )
・100mA~3A→(  )
・50mA→(  )
・10~20mA→(  )
・5mA→(  )
・1mA→(  )
(A)感電の程度と生体反応について
↓↓答えは広告の下↓↓

生体検査の安全確保で一番大事な事とは?

(マクロショック)や(ミクロショック)を防ぐこと。

次の問題は→(Q)一点接地(アース)の役割とは?

アースの主な役割って何?

①電撃の防止
②交流障害除去

アースの抵抗のベスト値は?
・アース線抵抗:(0.1)Ω以下
・接地抵抗:(10)Ω以下

次の問題は→(Q)感電事故防止策4つ

感電事故を防止する策って何があるの?

①(EPR)システム
②(心電計入力部フローティング)→心電計など直接人体から電気信号を取り出す装置などは入力部がフローティングされている。
③人体に加わる電圧は(小)に人体と電源の施縁抵抗は(大)にする。
④(三線式電源プラグ)の使用。
⑤(装置電源の絶縁)強化。

次の問題は→(Q)マクロショックとミクロショックの比較

マクロショックとミクロショックの比較

・電流の流れ マ(人体の表面) ミ(心臓へ直接)
・心室細動 マ(100m)A ミ(100μ)A
・安全限界電流許容量 
  マ(100μ)A以下(0.1mA以下)
  ミ(10μ)A(0.01mA)
・対策 マ(B型、BF型) ミ(CF型)
・備考 マ(女性)や(子供)は閾値が低く危険
    ミ(ヒス束心電図)の記録, (心臓カテーテル)検査

次の問題は→(Q)感電の程度と生体反応について

感電の程度と生体反応について

・6A以上→(一時呼吸麻痺、高電流密度による火傷、心筋の持続収縮)
・100mA~3A→(心室細動の発生、呼吸中枢は正常)
・50mA→(痛み、気絶、小体組織の損傷、心肺系は興奮)
・10~20mA→(持続した筋肉収縮(離脱電流))
・5mA→(最大許容電流)
・1mA→(感知しうる限界(最小感知電流))

臨床検査技師国家試験問題注解 2022年版 [ 臨床検査技師国家試験問題注解編集委員会 ]

価格:9,240円
(2021/7/12 18:36時点)
感想(0件)