・3つの期待の表示法
・2つの換気に関する方程式
目次
3つの気体の表示法
(Q)ATPSとは?

(Q)BTPSとは?
(Q)STPDとは?
2つの換気に関する式
(Q)肺胞換気式とは?
(Q)肺胞気式とは?

ATPSとは?

(  )時の大気圧で(  )時の温度で(  )した状態。
• ATPSによる気量を結果値として用いることはなく、BTPSかSTPDに換算する。
(A)ATPSとは?

BTPSとは?

(  )時の大気圧で(  )℃の体温で(  )した状態。
・BTPSは気体が(  )にある状態を表す。
・(  )、(  )はBTPSで表す。
(A)BTPSとは?

STPDとは?

標準状態。
・(  )気圧で(  )℃で(  )した状態。
・(  )、(二酸化炭素排出量(  )はSTPDで表す。
(A)STPDとは?

肺胞換気式とは?

(  )が(  )と反比例する関係を表した式。
式:VA=Vco2✕0.863/Paco2
・肺胞換気量(VA)は、(  )から(  )を引いた気量である。
(A)肺胞換気式とは?

肺胞気式とは?

(  )を求める式のこと。
PAo2=PIo2-(PAco2/R)
・PAco2(肺胞気二酸化炭素分圧)≒Paco2(動脈血二酸化分圧)
・PIo2(吸入気酸素分圧)=149
・R(呼吸商)=0.8
※(  )から計算可能。
 PAo2=149-(Paco2/0.8)

(A)肺胞気式とは?
↓↓答えは広告の下↓↓

ATPSとは?

(測定)時の大気圧で(測定)時の温度で(水蒸気飽和)した状態。
• ATPSによる気量を結果値として用いることはなく、BTPSかSTPDに換算する。

次の問題→(Q)BTPSとは?

BTPSとは?

(測定)時の大気圧で(37)℃の体温で(水蒸気飽和)した状態。
・BTPSは気体が(体内)にある状態を表す。
・(肺気量分画)、(換気量)はBTPSで表す。

次の問題→(Q)STPDとは?

STPDとは?

標準状態。
・(1)気圧(760mmHg)で(0)℃で(乾燥)した状態。
・(酸素摂取量(Vo2))、(二酸化炭素排出量(Vco2))はSTPDで表す。

次の問題→(Q)肺胞換気式とは?

肺胞換気式とは?

(動脈血二酸化炭素分圧(Paco2))が(肺胞換気量(VA))と反比例する関係を表した式。
式:VA=Vco2✕0.863/Paco2
・肺胞換気量(VA)は、(分時換気量(VE))から(死腔換気(VD))を引いた気量である。

次の問題→(Q)肺胞気式とは?

肺胞気式とは?

(肺胞気酸素分圧(PAo2))を求める式のこと。
PAo2=PIo2-(PAco2/R)
・PAco2(肺胞気二酸化炭素分圧)≒Paco2(動脈血二酸化分圧)
・PIo2(吸入気酸素分圧)=149
・R(呼吸商)=0.8
※(動脈血ガス分析)から計算可能。
 PAo2=149-(Paco2/0.8)

臨床検査技師国家試験問題注解 2022年版 [ 臨床検査技師国家試験問題注解編集委員会 ]

価格:9,240円
(2021/7/12 18:36時点)
感想(0件)