・聴覚とその伝導路
・平衡覚とその伝導路
・純音聴力検査
・平衡機能検査


聴覚とその伝導路

・音が脳に伝わるまでのルートは?

 ①【外耳】耳介・外耳道→(  )→
 ②【中耳】(  )→前庭窓→
 ③【内耳】→(  )に変換→(  )神経→
 ④【脳】脳幹の(  )神経核→(  )葉の聴覚野
(A)聴覚とその伝導路

平衡覚とその伝導路

・大きく分けて前庭と半規管がある。
・前庭には卵形嚢(水平)と球形嚢(垂直)があり、(頭位)変化を感知。
・半規管には3つの半規管がそれぞれ90°の位置関係を保っている。頭が回転すると、半規管の(  )が流動し、頭部の(  )を感知。
これらの信号が(  )神経を通り、中枢に伝わる。
(A)平衡覚とその伝導路

純音聴力検査

・気導聴力と骨導聴力を調べる検査である。
・気導はレシーバーをあてた状態で、骨導は骨導レシーバーを(  )部にあてた状態で計測し記録。
・気導は(  )聴力を、骨導は(  )聴力を示す。
・周波数がそれぞれ125、250、500、1000、2000、4000、8000Hzの時の(  )を検査する。

・記載法は?

 気導→右の気導が( )で( )線で結ぶ。左の気導が( )で( )線で結ぶ。
 骨導→右骨導は(  )、左骨導は(  )。

・難聴の種類は?

 伝音難聴→(  )または(  )の障害
 感音難聴→(  )または(  )の障害
 混合難聴→前者2つの障害が混合したもの
(A)純音聴力検査

平衡機能検査

①立ち直り反射の検査

・直立検査

 両足を揃えて立つ。開眼と閉眼で比べる。→動揺が大きいor転倒で(  )陽性。

・重心動揺計検査

 直立状態の重心の移動を機械で調べる。直立状態を客観的に評価可能。(  )の回復過程の経過観察に役に立つ。

②眼球運動の検査

・目の動きや(  )の観察は平衡障害の診察に有用。

・観察方法は?

 ①(  )を観察
 ②(  )眼鏡
 ③(  )

フレンツェル眼鏡の特徴

 (  )成分の観察ができるが、(  )では観察できない。

電気眼振図の特徴

 (  )での観察も可能だが、(  )成分の観察はできない。
(A)平衡機能検査

↓↓答えは広告の下↓↓



聴覚とその伝導路

・音が脳に伝わるまでのルートは?

 ①【外耳】耳介・外耳道→(鼓膜)→
 ②【中耳】(耳小骨)→前庭窓→
 ③【内耳】→(電気信号)に変換→(蝸牛)神経→
 ④【脳】脳幹の(蝸牛)神経核→(側頭)葉の聴覚野

次の問題は→(Q)平衡覚とその伝導路

平衡覚とその伝導路

・大きく分けて前庭と半規管がある。
・前庭には卵形嚢(水平)と球形嚢(垂直)があり、(頭位)変化を感知。
・半規管には3つの半規管がそれぞれ90°の位置関係を保っている。頭が回転すると、半規管の(リンパ)が流動し、頭部の(回転)を感知。
これらの信号が(前庭)神経を通り、中枢に伝わる。

次の問題は→(Q)純音聴力検査

純音聴力検査

・気導聴力と骨導聴力を調べる検査である。
・気導はレシーバーをあてた状態で、骨導は骨導レシーバーを(耳後)部にあてた状態で計測し記録。
・気導は(日常聞こえている)聴力を、骨導は(その人のもつ本来の)聴力を示す。
・周波数がそれぞれ125、250、500、1000、2000、4000、8000Hzの時の(デシベル)を検査する。

・記載法は?

 気導→右の気導が(○)で(実)線で結ぶ。左の気導が(☓)で(点)線で結ぶ。
 骨導→右骨導は([ )、左骨導は( ])。

・難聴の種類は?

 伝音難聴→(外耳)または(中耳)の障害
 感音難聴→(内耳)または(中枢)の障害
 混合難聴→前者2つの障害が混合したもの

次の問題は→(Q)平衡機能検査

平衡機能検査

①立ち直り反射の検査

・直立検査

 両足を揃えて立つ。開眼と閉眼で比べる。→動揺が大きいor転倒で(ロンベルグ)陽性。

・重心動揺計検査

 直立状態の重心の移動を機械で調べる。直立状態を客観的に評価可能。(めまい)の回復過程の経過観察に役に立つ。

②眼球運動の検査

・目の動きや(異常眼球運動(眼振))の観察は平衡障害の診察に有用。

・観察方法は?

 ①(直接眼球)を観察
 ②(フレンツェル)眼鏡
 ③(電気眼振図)

フレンツェル眼鏡の特徴

 (回旋)成分の観察ができるが、(閉眼)では観察できない。

電気眼振図の特徴

 (閉眼)での観察も可能だが、(回旋)成分の観察はできない。

臨床検査技師国家試験問題注解 2022年版 [ 臨床検査技師国家試験問題注解編集委員会 ]

価格:9,240円
(2021/7/12 18:36時点)
感想(0件)